お知らせ

スープストックトーキョーがLGBT 指標「PRIDE 指標」の最高ランク「ゴールド」を初獲得

株式会社スープストックトーキョー(本社所在地:東京都目黒区、取締役社長:松尾真継)は、2020年11月11日、任意団体work with Pride(以下「wwP」)によるLGBT指標「PRIDE指標」にて、最高ランク「ゴールド」を初めて獲得しました。

「PRIDE指標」とは

<Policy:行動宣言> <Representation:当事者コミュニティ> <Inspiration:啓発活動> <Development:人事制度、プログラム> <Engagement/Empowerment:社会貢献・渉外活動> の5項目によりLGBTなどの性的マイノリティに関する企業の取組みを評価するものです。スープストックトーキョーがこれまでに実施してきた次の活動が評価され、最高ランクである「ゴールド」初獲得につながりました。
https://workwithpride.jp/pride-i/

スープストックトーキョーの主な取り組み

スープストックトーキョーは「ひと」それぞれに寄り添った、誰もが生き生きと働けるブランドであるための取り組みの一つとして、LGBTQの理解促進を進めています。性的指向、性自認に基づく差別を許さず、それらを尊重していく方針で、以下のようなことを取り組んできました。

●採用プロセスにおける配慮、採用ポリシーで「性的指向や性自認を尊重」の発信
・採用サイトでは、すべての応募者の方の性的指向や性自認を尊重することを明記しています。
 https://www.soup-stock-tokyo.com/recruitmentpolicy
・説明会参加申し込み、履歴書・エントリーシート、入社資料など、採用プロセスのすべての手続き・プロセスにおいて、性別記入欄をなくしています。

●LGBTQフレンドリー企業としての採用活動の推進
LGBTQフレンドリー企業の採用媒体に掲出をすることで、就職先を検討されている当事者の方へ適切に情報をお伝えしています。

●管理職および従業員・アルバイトパートナーへの社内セミナーの実施
株式会社スープストックトーキョーのみならず、スマイルズグループとして開催をし、オフラインでの研修や、外部講師を招いてのオンラインセミナーなどを実施しています。

●結婚および配偶者の定義に「同性婚」を追加
株式会社スープストックトーキョーおよび、スマイルズグループとしての福利厚生制度において、結婚および配偶者の定義に「同性婚」を追加しました。慶弔見舞金や結婚休暇を取得することができます。

●人事制度の改定や書類表記の見直し
入社後にあたっても、公的書類発行プロセスなどの外的要因を除いては性別記入欄をなくし、就業規則などにわたっても「男女表記」をなくしていく取り組みを行っています。

●匿名相談できる専門相談窓口の設置
従業員・アルバイトパートナーの誰もが相談可能な窓口を設置。相談を希望する場合は社外のプライバシーが確保できる場所で実施するなどの配慮を行い、サポートを行っています。

●東京レインボープライドなどへの積極的参加
東京レインボープライド2020(主催:特定非営利活動法人 東京レインボープライド、以下「TRP2020」)の公式パートナーとして参加したほか、今後もこうした取り組みに積極的に参加していきます。
https://note.com/soupstocktokyo/n/n6bb3c6213109

「ゴールド指標」獲得にあたって

取締役副社長の江澤身和は今回の「ゴールド指標」獲得を受けて、「この度、PRIDE指標でゴールドを獲得することができ、大変うれしく思います。私たちの企業理念は『世の中の体温をあげる』ことです。様々な価値観を持っている人たちを知っていくこと、互いの個性を認め合うこと、それぞれが自らの想いを表していくこと、自分と仲間のために主体的に行動していくことを大切にしています。LGBTQへの取り組みもその一つです。これまでの取り組みがこうした形で評価して頂けたことをひとつの糧として、今後も、多様な一人ひとりの体温をあげられるよう、事業や働く環境づくり、メッセージの発信などを、全社で取り組んでいきたいと思います。」とコメント。


また、LGBTQアライプロジェクトリーダー兼ルミネ池袋店店長の久米千津子は、「このたびのゴールド獲得をうれしく思うと同時に、まだまだ道半ばであり、これもひとつのスタート地点だと考えています。私もママ社員として働くなかで、誰もが何かの部分でマイノリティであることに気づきました。日々の仕事においてお客様を幸せにしたいという思いと同じように、自分も仲間も幸せにしたいという思いでこのプロジェクトを進めてきました。“大切な人を大切に想う気持ち”を守れるような会社や世の中であれるように、自分たちらしいアプローチで今後も歩みを進めていきたいと思います。」と述べました。


Soup for all!誰もが生き生きと働ける場所を創るために

スープストックトーキョーでは、創業当初より「Soup for all!」というコンセプトで0歳から100歳まで、性別や国籍、人種のちがいにかかわらず、目の前の一人ひとりの体温をあげることを大切にしてきました。それはスープの開発だけでなく、“人への考え方”そのものでもあります。今後もスープストックトーキョーらしいアプローチで、こうした取り組みを進めてまいります。



■本件に関するお問い合わせ先
株式会社スープストックトーキョー
広報 press[at]smiles.co.jp