お知らせ

創業当初から変わらない「Soup for all !」という考え方のもと、Soup Stock Tokyo は食のバリアフリーを推進します。

Soup Stock Tokyo は食のバリアフリーを推進します。

株式会社スープストックトーキョー(本社所在地:東京都目黒区、取締役社長 : 松尾真継)は、創業当初から変わらず根底にある「Soup for all !」の考え方を、創業から20年を経て、今一度しっかりと再定義し、食のバリアフリーを推進していきます。食の多様化、グローバル化に向けて一人でも多くの方においしいスープを安心して選び、召し上がっていただけるよう、よりわかりやすい情報開示を行うとともに、食の制約がある方にとっての選択肢を増やすべく、新たな商品開発にも取り組んでまいります。

Soup for all !

いつでも、どこでも、誰にでも、おいしいスープを。 それは、創業当初から変わらず根底にある想いです。 0歳から100歳まで、私たちの一番身近にある食べ物として、スープは、年齢も性別も国籍をも超えていく存在。 だから「たった一人」が大切で、「たった一人」ほど、見放せない。世の中さんという人はいないから、その一人ひとりとより向き合っていけたらと思っています。 スープは「コミュニケーションツール」のひとつ。産地と私、料理を作る人と私、世の中と私、だれかと私をつなぐもの。 「食」という生活の楽しみの小さくて大きな壁をひとつずつ、とりのぞいていけたらと考えます。

自分の大切な人に食べてもらいたいスープをお届けします

Soup Stock Tokyoは、創業当初から、余計なものを使用せず、旬の食材を生かし、 素材本来のおいしさを丁寧に引き出すことを軸にして商品を作っています。 それは、創業者自身とその家族がアレルギーを持っていたことがきっかけのひとつでした。 できるだけシンプルな素材で、手間隙をかけた料理をファストフードで食べることができたら… そんな思いで生まれたブランドです。 私たちは今もなお、大切な人に食べてもらいたいスープを目指しています。 「Soup for all !」という考え方のもと、ご自身はもちろんのこと、 皆さまの大切な方にも食事を楽しめる機会を増やしていきたいと考えています。

わかりやすい情報開示に努めます

食の多様化が進む中、一人ひとりが安心して食を選択できるよう、2019年11月25日(月) より、全国のスープストックトーキョー(外食店舗)でアレルギー情報(特定27品目)の開示をはじめます。

●アレルギー情報の開示

店頭にてご確認いただけるよう、アレルギー情報一覧(英語表記含む)にアクセスできるQRコードを掲示いたします。 WEBサイトにおいては、海外からの旅行客の方はもちろん、国内在住の外国人の方にもご利用いただきやすいよう英語サイトを公開し、 英語表記のアレルギー情報(特定27品目)を開示いたします。

●「ベジタリアン」マークの導入

店頭掲示メニューおよびWEBサイトのメニューに「ベジタリアン」マークを明示し(右写真参考)、対象商品が一目でわかるようにいたします。 ※Soup Stock Tokyoにおけるベジタリアンスープとは、動物性食材(牛肉・鶏肉・豚肉・その他の肉・魚介類・卵・乳製品)を使用しないスープです。砂糖、はちみつ、油の使用につきましては、ウェブサイトでご確認頂けます。また、外部機関の認証等を受けているものではございません。(*2019年11月21日情報修正)


Soup Stock Tokyo では、今後も「Soup for all !」の考え方のもと、食のバリアフリーを推進するために、上記の取り組みにとどまらず商品および、サービスの開発に努めてまいります。

■本件に関するお問い合わせ先
●各種お問い合わせ:フリーダイヤル
0120-961-573
※10:00~18:00(土日祝・年末年始を除く)
●ご取材について:
株式会社スープストックトーキョー 広報
03-5724-8523